ディスプレイ広告のキャッチコピー事例集【厳選6パターン】

ディスプレイ広告のキャッチコピー事例集【厳選6パターン】


広告はキャッチコピーで8割が決まると言われるほど、キャッチコピーは重要な要素のひとつです。
ディスプレイ広告はビジュアルとの相乗効果でよりキャッチコピーを魅力的に見せることができます。
今回はユニークなものからあっと驚くもの、ぐっと刺さるキャッチコピーなど、アイデアのヒントが得られる秀逸なディスプレイ広告をタイプ別にまとめました!

 

1.意外性

猫にしゃべらせる、武将の言葉を借りるなど、そうきたか!と思わず唸る意外性のあるバナーです。
突拍子もないものや予想外の展開で興味を惹き、ついつい広告を見てしまいます。
ビジュアルとキャッチコピーの相乗効果で、関心を高めています。


例)写真とキャッチコピーのギャップや意外性でつい目が向いてしまいます。

 

2.煽り型

普通なら「○○教えます」というようなところを敢えて秘密にするといったキャッチコピーや、ユーザの危機感を煽ってクリックを促すタイプです。
ユーザの心理を逆手に取った表現が逆に関心を引いたり、危機感や好奇心がユーザを刺激しています。


例)「言えない」といった否定的なコピーや「え!?」とびっくりした噴出しで、ユーザを刺激しています。

 

3.お悩み共感系

ユーザがもともと持っている潜在的な悩みに共感したり問いかけることによって、関心を集めるタイプになります。悩みを共有し、解決策を提示することで、クリックへと促しています。


例)「大丈夫?」と問いかけたり潜在的な悩みの共感を訴え、「そんな悩みはこれで解決」というような流れで商品を紹介しています。

 

4.数字による権威付け

「人気No.1」「除去率99%」「累計売上100万本」などの具体的な数字をアピールし、安心感や信頼度を訴求するタイプです。
王冠や金色などの装飾で目立たせ、「これは凄そうだ」「他よりも良さそう」と思わせる権威付けでユーザの期待を高めることができます。


例)No.1や99%という具体的な数字を押し出し、優位性をアピールしています。

 

5.希少性・お得感系

「限定」や「割引」といった、希少性やお得感を訴求するタイプです。
今だけ送料無料、先着100名様、最大85%オフ、などの情報で購買意欲を掻き立て、ユーザのオファーへの背中を押しています。


例)「今だけ0円」といったメリットや割引・クーポンなどのお買い得情報で購買意欲を掻き立てています。

 

6.魅了系

説得力のあるビジュアルとうっとりするようなキャッチコピーの世界観でユーザを魅了し、興味関心を集めるタイプになります。
「行ってみたいな」「見てみたいな」という感情を刺激し、クリックへとつなげています。


例)世界観のあるビジュアルとキャッチコピーでインパクトを与え、見る人の関心を集めています。

 

まとめ

今回はぐっと刺さるキャッチコピーをタイプ別に紹介しました。
数字を使った権威付けや今だけ限定といったお得感を押し出すなど、今すぐ取り入れられるテクニックもあるので、もしアピールできる数字や希少性があるようなら、ぜひ訴求してみるとよいでしょう!
世の中に出回っている広告のキャッチコピーを眺めるだけでも悩んだ時のヒントになるので、いつも気にかけて見ておくのも勉強になります。
ご紹介したキャッチコピーの事例が皆様のお役に立ちましたら幸いです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × five =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)